Vape(ベイプ) オリジナルたばこカプセル製作

自作たばこカプセルをフィルターレス化してみる

投稿日:

自作たばこカプセルは携帯に便利ですが、ネックは1個1個作らなければならない
ということです。自宅用なら、キセルのように葉を詰め変えて使えないだろうか。
そう考えた結果、ちょっとした工夫でフィルターをセットする手間が省けるようになりました。

 

自作たばこカプセルの詳しい作り方はこちら


 

フタを開き、好きなたばこ葉を詰める。

電子機器によって発生させた水蒸気。たばこ葉にくぐらせると、フレーバーと香りが中空を漂う。

デジタルキセルは、個性的で面白い。

 


 

たばこカプセルにおけるフィルターの役目

▽たばこのフィルターといえば、吸うと黄色くなるイメージが強いですよね。

▽これは喫煙後の紙たばこのフィルターです。

この黄色は、たばこ葉の燃焼によって出たタール(いわゆるヤニ)の色です。

このヤニが、歯から壁まであらゆるモノを汚すわけです。

▽たばこカプセルのフィルターはどうかというと

▽喫煙後でもほとんど色が変わっていません。

→単純に考えて、何も吸着していない、と考えられるのではないでしょうか。
(もちろん、目に見えない有害物質を吸着している可能性はありますが)

参考

こちらのたばこカプセルのフィルターは茶色くなっていますが

これは、リキッドで濡れたたばこ葉の色がにじみ出しているのだと思います。

▽では、何のためのフィルターなのか

▽本家たばこカプセルの中身は、このような粒状です。

→単純にこの粒が口に入らないためと、カプセルからこぼれてしまわないようにするため

ではないかと。

そんなふうに考えてみたわけです。

 


フィルターの機能を別のモノで代用してみる

▽そこで、ステンレスのメッシュ板を買って来ました。

→60にしたのは、たばこの粉が口に入らないようにできるだけ目を細かめにした方が良いと考えたからです。

▽マウスピースの内側の径に合わせて切ります。

▽このようにセットしてみました。

▽洗浄したたばこカプセルに葉を詰め、フィルターをセットせず

例のメッシュを入れたマウスピースでフタをします。

▽たばこカプセルのフィルターレス化ができました。

→本体にセットして吸ってみると・・・・・・

あ、味が良く出ます。たばこの粉が口に入るというようなこともありません。

考えてみれば、キセルやパイプもフィルターなしで吸うわけですし

ましてや火を付けてないわけですから、恐らく問題ないと

個人的には思っています。

 


開閉式ドリップチップの製作

▽開閉を片手で行えるように、アタッチメントを作ってみました。

▽パカッと開いて、たばこ葉を詰めます。

▽JustFog(ジャストフォグ)Q14と接続した状態。

え?まぁ、普通に外せば良いだけなんですけどね。

 


自作たばこカプセルのフィルターレス化まとめ

(+)ノンフィルター化は5分でできる。

(+)香り、味が良く出る。

(+)フィルターが湿って、蒸気が出ない。ということがなくなる。


 

(-)予期せぬ健康被害があるかもしれない。

(-)たばこカプセルの携帯には向かない。

(-)メンソールフィルターは使えなくなる。

 

▽以上『自作たばこカプセルをフィルターレス化してみる』でした。参考になれば幸いです。

良き喫煙ライフを。

 


今回使ったモノ


 







おすすめ記事

1

たばこカプセルに詰める、好みのたばこ葉を準備していきます。 試しに、たばこ屋で片っ端から買ってきました。 試行錯誤の段階ですが、参考になれば幸いです。 Follow @s_arituka   ...

-Vape(ベイプ), オリジナルたばこカプセル製作
-, , , , , ,

Copyright© デジスモ Digital-Smoking-Life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.