PloomTech(プルームテック)

PloomTech(プルームテック)のセットアップ、使い方と感想

更新日:

PloomTech(プルームテック)、それは黒くて細くて長いやつ。
たばこの味もするし、煙も出る。
社会的禁煙ブームの流れの中で生まれたすごいやつ。
新しい喫煙方式とは?
火を使わないってどういうこと?
謎に包まれたプルームテックを大解剖。


 

JTの説明によると

スタイリッシュでシンプルなデザイン

たばこの匂いが少なく、周りを気にすることなく楽しめる

他の加熱式と比べて、充電の手間が少ない

吸いたいときに、吸いたい分だけ楽しめる

とのことです。

加熱式たばこには方式がいろいろあります。

プルームテックはVape(ベイプ)と基本構造が同じで

コイルで水蒸気を発生させ、その煙を吸い込む方式です。

違いは『たばこカプセル』と呼ばれる、たばこの葉をつめた

カートリッジを先に装着することで、たばこらしい香りと

本物のニコチンを摂取することができるという点でしょう。

 

1PloomTech(プルームテック)図解

 

Ⅰ 上部から空気を吸い込むと電源が入り
バッテリーに接続されたコイルが過熱されます。

Ⅱ エアフローから取り込まれた空気①はコイルにより蒸発させられたリキッド
水蒸気②と混ざり、たばこカプセルへと進みます。

Ⅲ たばこカプセル内のたばこ葉の間を通り、煙③になります。

 

2プルームテックスタータキット+キャリーケースのセット内容

 

▽スターターキット+キャリーケース

→バッテリー(本体)
→充電器
→アダプター
→キャリーケース
→取り扱い説明書
→製品登録案内

が入っています。

▽充電器+アダプター

→充電する際には、このように90度でセットします。
多少スペースをとりますが部屋が6畳もあれば
問題ないでしょう。

→このようにモバイルバッテリーと一緒に運用すれば
出先でも充電切れに悩まされることはありません。

充電時間はさほど長くなく、満充電にしなくても使えるので
もし充電切れになっても、焦ってコンビニにたばこを買いに走らずに
落ち着いて充電器にさしましょう。

▽キャリーケース(ソフト)

→かさばる上に使い勝手のよくないケース。

別売りでハードケースもあります。

3たばこカプセル(別売り)

 

▽発売されているたばこカプセルは6種類(2018年11月現在)

メビウス・レギュラー フォー・プルームテック
メビウス・クーラー・グリーン フォー・プルームテック
メビウス・クーラー・パープル フォー・プルームテック
メビウス・ブラウン・アロマ・フォー・プルーム・テック
メビウス・レッド・クーラー・フォー・プルーム・テック

→味をざっくり説明すると

イエロー:レギュラー
グリーン:メンソール
パープル:甘いメンソール
ブラウン:カフェモカフレーバー
レッド:アップルミントフレーバー

→メビウスの名前が付いていますが
 正直、紙たばこのメビウスにはほど遠いです。

▽新しいフレーバーが登場

→和梨+洋梨のとてもフルーティーなフレーバー。

▽たばこカプセルが5個とカートリッジが入っています。
→たばこカプセル1個で50吸い(50パフ)することができます。
→カートリッジはカプセル5個分のリキッドが入っています。

▽たばこカプセル+カートリッジ+バッテリー(本体)
→紙たばこと比べると、少し長めですが太さは同じくらいです。
→この状態で吸い込むと、先が青く点灯し煙りが出ます。
→バッテリーの先が青色で点滅したらたばこカプセルの交換タイミング。
→バッテリーの先が赤色で点滅したら充電切れ。

☆説明書によると1カートリッジ使用ごとに充電することが望ましいようです。

4PloomTech(プルームテック)のセットアップ、使い方

セットアップ

▽充電した本体とカートリッジをつなぎ、たばこカプセルを差し込むだけです。

使い方

▽空気を吸い込めば電源が入り蒸気が出ます。

→この点は、本当にシンプルで使いやすいですね

まとめ

(+)煙は確かに出る。
→煙の量はさほど多くありませんが、ほぼ無臭の白い煙が出ます

(+)いつでも吸える(途中でやめることができる
→紙たばこは火を付けたらもみ消すまで止められません、同様にアイコスもスタートしてしまうと途中でとめることはできません。
プルームテックなら、いつでも止めてそのままポケットにしまうことができます。

(+)コンパクトで持ち運びに便利。
→ボールペン1本持つのと変わりません。が、カプセルや充電器を携帯すると少しかさばります。

(+)値段的には2個セットがお得。
→2018年11月、数量限定でスターターキット2個セットが3000円で販売されています。
1本1500円なら、導入しやすいのではないでしょうか。


 

(-)カートリッジが、たばこカプセル5個分もたない。
→使い方によると思いますが、最後の方は煙が少なくて、物足りないと感じる人が多いのではないでしょうか。

(-)味は紙たばこからほど遠い。
→紙たばこのキック感(喉にがつんとくる感覚)はありません。苦みもなく、たばこらしさというものは皆無と言えます。
たばこのようなフレーバーのする電子機器といったところでしょうか。

(-)バッテリーは長持ちしない。
→連続して吸うと、1時間持ちません。長く吸いたいなら、予備バッテリーが必須でしょう。

以上、PloomTech(プルームテック)のセットアップ、使い方と感想でした。参考になれば幸いです。

良き喫煙ライフを。

 


→プルームテックのバッテリーの少なさを補える、社外品のバッテリーです。







おすすめ記事

1

たばこカプセルに詰める、好みのたばこ葉を準備していきます。 試しに、たばこ屋で片っ端から買ってきました。 試行錯誤の段階ですが、参考になれば幸いです。 Follow @s_arituka   ...

-PloomTech(プルームテック)
-, , , , , , , , ,

Copyright© デジスモ Digital-Smoking-Life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.